TwitterOAuth / Twitter REST API

TwitterOAuth で特定のユーザーのツイートを取得する PHP サンプル

TwitterOAuth で特定のユーザーのツイートを取得する PHP サンプル

TwitterOAuth / Twitter REST API を使って、特定のユーザーのツイートを取得する PHP サンプルプログラムをご紹介いたします。

GET statuses/user_timeline

Twitter REST API – GET statuses/user_timeline を使用すると 特定のユーザーのツイートを取得することができます。

ユーザー名を “@hogehoge” とすると、PHP のサンプルコードはこんな感じです…

※24時間以内のツイートのみ取得することが可能です

$arrParameters = [
	'screen_name'=>@hogehoge, //ユーザー名
	'count'=>'1', //ツイート件数
	'exclude_replies'=>'true', //リプライを除外する? ※true : 除外する | false : 除外しない
	'include_rts'=>'false' //リツイートを含める? ※true : 含める | false : 含めない
];

//ツイートを取得する
$objTweets = $objTwitter->get("statuses/user_timeline", $arrParameters);

foreach($objTweets as $objTweet){
	//ツイートを出力表示する
	echo $objTweet->text;
}

$Tweet オブジェクト

GET statuses/user_timeline の戻り値 Tweet Object には(上記サンプルでは ツイート本文である $objTweet->text のみ参照しておりますが)公式ドキュメントによると 2021年10月現在で以下のようなツイートデータが取得できるようになってます。Twitter で閲覧できるデータは(おそらくすべて)取得できると思います。

  • created_at
  • id
  • id_str
  • text
  • source
  • truncated
  • in_reply_to_status_id
  • in_reply_to_status_id_str
  • in_reply_to_user_id
  • in_reply_to_user_id_str
  • in_reply_to_screen_name
  • user (User Object)
  • coordinates
  • place
  • quoted_status_id
  • quoted_status_id_str
  • is_quote_status
  • quoted_status
  • retweeted_status
  • quote_count
  • reply_count
  • retweet_count
  • favorite_count
  • entities
  • extended_entities
  • favorited
  • retweeted
  • possibly_sensitive
  • filter_level
  • lang
  • matching_rules

参考サイト

GET statuses/user_timeline 公式ドキュメント
https://developer.twitter.com/en/docs/twitter-api/v1/tweets/timelines/api-reference/get-statuses-user_timeline
Tweet Object 公式ドキュメント
https://developer.twitter.com/en/docs/twitter-api/v1/data-dictionary/object-model/tweet

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。